ヘッダー

 賢い投資を実践し、確実に利益を出していくために・・・

1.
2.
3.

 株式やFX投資は大きなリスクが心配

 銀行預金では、儲からなすぎる・・・

 不動産投資するほどの余剰資金がない

そんなあなたにおススメの投資は、ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングは市場の動きに左右されず
安定した配当を受けることができる投資手法です。

 株式市場のように市場の動きで値動きが左右されることの無い
貸付型クラウドファンディングですので・・・
安定したリターンを得ることが可能です。

 ソーシャルレンディングとは、
資金調達を望む中小企業の経営者と
高利回りの金融商品を探している投資家を結びつける投資手法のこと。

現実的に、年8~14%台という高利回りを得ることが可能なソーシャルレンディングは、
企業に金銭を貸し付けるという
景気に左右されない投資方法が受け入れられている一番の理由です。

●●●  ソーシャルレンディング投資の醍醐味を存分に堪能できる、 おススメはコチラ ⇒ 絶対儲かるソーシャルレンディング ●●● 

2017年初春、ソーシャルレンディングが大流行の兆し

投資商品の中でも、ソーシャルレンディングを際立っておススメできる理由

●8~14%の高利回り投資案件が充実している

●投資するだけで、それだけでキャッシュバックがもらえる案件が多い。この時点ですでに高利回りが約束されている。

●1万円でも投資可能な案件が充実していて、トライするハードルが低い

●投資案件は担保を有しており、安全性が高い

●運用期間が選べる

●口座開設や取引に対して手数料がかからない

CLICK  ⇒ つべこべ言わず、ソーシャルレンディングを研究してみる!

 2017年 これはマストで注目のソーシャルレンディング運営会社

ソーシャル画像

みんなのクレジット

参考運用利回り~ 14.5%
最低出資額10万円
運用期間2か月~最長36か月
出資者手数料なし

安心・安定の高利回り資産運用の定番

投資金額に応じて、キャッシュバックがもらえるのが最大の魅力!

まず特筆すべきは、『最大約14%の高利回り』という投資案件が充実していること。そしてこれらすべてが、確実な担保を有していることが、投資家の安心感を醸成している。10万円からの少額で投資を始めることができるのも魅力である。ソーシャルレンディングは初めて、という方に間違いなくおススメできるのが『みんなのクレジット』である。

●● CLICK ⇒ キャッシュバックの凄さを確認してみよう!

オススメポイント①

 投資申込金額に応じて、最大17万円のキャッシュバックがもらえる!

オススメポイント②

 最大・年約14パーセントという、高い利回り率!

オススメポイント③

  資金運用期間が任意で選べる!

ローン運用の期待利回りが最大約14.3% という高利回りを打ち出している点が大きな魅力に違いないが、
みんなのクレジット」は基本的なサービス内容が充実している。

 

たとえば、まず10万円から投資を受け付けているということ。
他のソーシャルレンディングサービスは、比較的高額からでないと始められないものが中心だが、
少額で運用を始めることができるということに好感を持つ。

 

また、毎月利息が配当されるという点についても、
投資者メリットを最大限に考えた結果であろう。

【みんなのクレジット 公式HP】

https://m-credit.jp/

ラッキーバンク

参考運用利回り年 6 ~ 10%
最低出資額1万円~出資可能
運用期間最短2ヶ月~最長36ヶ月
出資者手数料なし

新進気鋭企業が放つ、サービスの充実ぶりに期待

『Lucky Bank』は、投資利回り年 6%~10%が最低限の目標 として設定されている。これなら銀行預金や国債と比べて、確実に好利回りの運用が可能となってくるところが嬉しい。
他の金融商品、たとえば株式投資やFXなどと比較しても高い保全性がある。
嬉しいことに配当は原則毎月分配。これは償還配当の仕組みが明確になっているので安心である。
上記から判断するだけでも、まさに、ソーシャルレンディングのイイトコどりを詰め込んだ会社だと断言できる。

オススメポイント①

  1万円から投資可能、始めやすい!

オススメポイント②

  募集案件の全プロジェクトに不動産担保が付いていて安心!

オススメポイント③

口座開設が簡単に済むから、ソーシャルレンディング初心者におススメ

Lucky Bank社が募集する全プロジェクトには不動産担保をつけている。
こちらの対象とする不動産は、立地条件・規模・収益性などを個別に調査した結果、
一定基準を満たしたもの。
このように、投資家の安全性をしっかり確保しながら、
不動産収益による安定的な利回りを目指しているところに好感が持てる運用会社である。

 なぜ、このように安全かつ高い利回りを確保できるのか?

それは・・・「現在は投資家を増やすために当社の営業者利益を1~5%と低めに設定している。
ある意味ではサービス期間ともいえる
」というLucky Bank 社の投資家第一のスタンスが垣間見える。

SBIソーシャルレンディング

参考運用利回り3.5%(証券担保ローン) 5.2%-6.5%(不動産担保ローン)
最低出資額1万円~出資可能
運用期間4ヶ月~2年
出資者手数料年1.5%(証券担保ローン) 年2.2%(不動産担保ローン)

証券・銀行・保険を傘下に有するSBIホールディングスの子会社。ソーシャルレンディングにトライするうえで、
最も重要視しなければいけないのは、会社の与信である。そんな意味では、SBIソーシャルレンディングは巨大なバックボーンを有していることから、
一定の信頼感を醸成しているといってよいだろう。

maneo

参考運用利回り5.0-8.0%
最低出資額1万円~出資可能
運用期間2ヶ月~3年
出資者手数料なし

日本最大規模の投資貸付型クラウドファンディングサービス。ソーシャルレンディングサービスとしての、
maneo の際立った特徴は、「自分で借り手を直接選ぶことができる」ことだろう。
これは他社にない特徴であり、自分自身が銀行や投資ファンドを経営しているような気分になれる。

クラウドクレジット

参考運用利回り年 6 ~ 12%
最低出資額1万円~出資可能
運用期間最短2ヶ月~最長4年
出資者手数料なし

クラウドクレジットは、これまで日本では提供されてこなかった、欧州やラテンアメリカをはじめとする海外の消費者ローンや事業者ローン、延滞しているローンに投資を行うという新たな投資機会を、日本の個人投資家に提供している。グローバルな投資を通して、資金需給という社会貢献という理念もある。

【ランキング調査概要】
調査の企画概要に関して(LCM合同会社  担当:田中)

調査目的	:投資商品に関する意識調査と、優良ソーシャルレンディング企業紹介のための満足度調査
調査方法:Webアンケート
調査対象地域:日本国内
調査の母集団:30代~50代までの男性で、かつ投資経験者のインターネットユーザー
調査対象者:うちアンケートに回答があったユーザー
有効回答数:352名
調査の期間:2016/4/1~2016/5/31

 ソーシャルレンディング投資で成功している、利用者の声

熊本県在住。投資歴2年、注目企業は「ラッキーバンク」

40代男性

慎重派の私は、銀行預金こそが何よりの資産確保の術だと考えていました。しかしこのご時世、預金金利などほぼ0。それで、“高い保全性と高利回り”という、都合よすぎる資産運用法を探していたニーズに合致したのが、『ソーシャルレンディング』という訳なのです。

東京都在住。投資歴10年、注目企業は「みんなのクレジット」

50代男性

これまでの投資経験から言っても、ソーシャルレンディングの高いLTVは魅力的ですね。ソーシャルレンディング運営企業は、取得の難しい金融商品取引業や貸金業という両方の免許を有していることも、安全性の証左だと感じます。